banner

観光について

NPO法人の設立と観光について

NPO法人という団体については多くの人が知るようになってきています。活動を行うNPO法人の数もかつてに比べて非常に多くなり、その活動内容が詳しく知られることによりさらに知名度を高める結果につながっています。いわゆる営利目的で行われる事業とは少し異なった切り口で紹介されることが多いため、一般市民に対するNPO法人のイメージは概ね良いものであると言えるでしょう。非営利で地域を始め不特定多数の人に恩恵をもたらす活動を行う団体が持つ法人格であるという認識が、広く一般的なものになってきています。その様なNPO法人は特定非営利活動促進法と呼ばれる法律に規定される形で広く行われているのが実情です。この法律によってNPO法人の活動内容を20の分野に規定しており、その中に含まれる活動の内必要要件を満たしている団体を厳正な審査の上で決定しているのです。
このNPO法人の活動を規定する法律である特定非営利活動促進法は平成10年に作られてからも改正されています。例えば2012年の改正においては新しく観光の振興を図る活動が新たな分野として創設されることになりました。従来は街づくりの推進を図る活動の中に含まれていたものであるという認識でしたが、観光に対する活動の重要性を考えるのに伴い、設立可能な活動範囲として正式に分類され、現在の20の分野の一つとして数えられるようになりました。法改正の前の段階でも設立が可能な活動であった観光はより重要性を高める形で正式に活動対象として分類されるようになってきているのです。
観光の振興を図る活動としてNPO法人の設立が行われる事例としては、新たな観光資源としての各種商品の開発などを行う活動が分類されます。又はその地域を代表する様々な資源を使用したブランド作りによる町おこしや村おこしは、この分野の重要な活動の一つに数えられることになります。地域の特産品の製造販売等は勿論のこと、キャンプ場やコテージの施設管理、文化や歴史遺産に関する調査や、それらを利用したまちづくりを目指す活動の場合にもNPO法人の設立が行える場合があるのです。近年人気の高まっているB級グルメを利用したい地域振興もこの様な活動に分類されるものであると言えるでしょう。特定の商品に限定しない幅広い地域振興に関する活動目的である場合には条件を満たすことでNPO法人の設立の認可が下りる可能性は十分にあると言えるのです。”

Copyright(c) 2016 NPO法人設立のメリット・デメリット All Rights Reserved.